長崎初!?ナイトロックス 製造設備

12月に入りましたが、長崎の海は例年になく水温が高く先週末も五島列島まで‥♪

今年一年を振り返る時期になりましたが、何とか無事に完成!!

15271484_1159469850827422_2056389891_o

 

長崎県下では初、国内でも5ヶ所あるのかな!?

ナイトロックス、エンリッチドエアの製造設備。

img_6137

今年の6月に急に思い立ち、いざ、ダイビングのメッカ伊豆。(笑)

1泊2日の弾丸視察。

img_6141

30年ぶりに訪れた、海洋公園。

国内最大級のダイビング専用高圧ガス製造!

dsc03462

 

多い時には何千本ものチャージをする設備で、西の果てから来た私に丁寧にナイトロックス製造設備に関して教えていただきました。

img_6146

同じく伊豆でテクニカルダイビングと言えば『獅子浜』でも、製造方法から使用する空気清浄に最適な清浄剤まで教えていただきました。

dsc03470

その他にも、富戸『マリンステージ』さんでは、導入した機械のメーカーさんまで呼んで頂き実際に機械を動かして解説してもらいました。

本当に皆様に感謝でした。

惜しげも無く、『長崎で製造設備を作りたい』という私に対して、忙しい合間に時間を割いてご教授頂いたサービスのオーナーの皆様と、このような方々を紹介してくれた業界関係者の皆様、そして弾丸視察に運転手兼案内役をして頂いたSさん。

img_7092

ここからがスタートでした!

まずはナイトロクスを製造する方法はメンブレン方式と言われる、空気中の窒素を抜き取って酸素濃度を上げる方式。

これが国内で多く使われている方式なのですが、酸素濃度が安定しないとかその他、問題点が多くあるのでは無いかと私は判断。

選んだのは分圧混合です!

これは単純に酸素100%の親容器から、スクーバ用のタンクに移充填で酸素を入れ、その後に空気をミックスする方式で酸素濃度は安定。

40%のナイトロックスガスの製造も可能ですし、ヘリオックスと言われる大深度潜水に使用するミックスガスも製造は可能ですし、テクニカルダイビングに使用する多様な潜水用呼吸ガスを作る事が可能!

img_7067

 

その他、この方式を選んだ理由は製造設備を作るコストの問題も。。。(笑)

メンブレン方式の設備を導入される所が、最近、多くありますがその金額聞いてビックリ。。。

どう考えたら、これだけの設備資金を掛けて何年、何十年掛かってペイ出来るのだろう??と、電卓使わ無くても分かるくらいの採算が合わないような金額でした。(笑)

img_7104

それで当店ではこの道50年の経験を駆使して、自作で分圧混合の製造設備を作る事にしました。

img_7142

簡単なようで、とてもとても普通のダイビングショップやサービスさんでは不可能な事です。

当店の強みはこれまで蓄えた知識と設備があればこそ可能でした!!

自社で耐圧検査場を完備しているのも、今回は大きく役たちました。

img_7148

分圧混合の方式でナイトロックスガスを製造する際に、最も大事な空気を綺麗にするための清浄筒も当店オリジナル。

img_7448

 

今回、伊豆に視察に行って驚いたのが、当店で30年前に試作した空気清浄筒とほとんど変わらないモノが、現在も使用されていた事です。

伊豆で色々な事を教えていただき、参考にさせていただいた点も多くあったのですが、決してノウハウを盗んできたとかいう事はなく、その昔から使用している当店オリジナル空気清浄システムが存在しておりました。

自分でもビックリですが、先代のオーナーは素晴らしいです。

img_7154

この期間、夏の忙しいシーズンもあったので、今年は本当にバタバタして大変なシーズンでした。(汗)

img_7177

何とかかんとかで、ようやく完成に漕ぎ着けました。

img_7440

この仕事がようやく今週、終わったので私たちスタッフもホッと一息というか、肩の力が抜けたというか。。。。

img_3504

高圧ガス設備の製造から、高圧ガス製造の免許取得まで店長様ご苦労様でした。

なかなか、女性でここまでの事やれる人はおりませんよ。(笑)

上の写真は『高圧ガス製造保安責任者』の免許取得に向けた講習会、見るからに男性ばかり。

Good Job!!

img_7330

こんな形で無事に完成した、長崎初、いや九州初!?

国内にも数カ所しかない、スクーバ用高圧ガス製造設備。

ナイトロックスを普及させるためには、このような製造設備が増えて来ない事にはと考えます。

しかし、国内の現状では目が飛び出るような高価な製造設備しかありません。

規模にもよりますが、採算ベースに合うナイトロックス製造設備を作る事は可能です!

私も伊豆でノウハウを教えて頂いたように、このような製造設備を作りたいと言うダイビングサービスの方がいらっしゃればウェルカム。

ダイレクトでご連絡頂くも良し、出来たらメーカーさんやその他指導団体でも通していただけるのが理想ではありますが、ダイビング業界にとってナイトロクスの普及良い事だと思いますので、その為に私が役に立つ事であれば喜んで!笑